コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松尾楽只齋

美術人名辞典の解説

松尾楽只齋

江戸中期の茶人。松尾流初代。京都生。千宗旦の高弟松尾宗二の孫。名は重賢・宗二、通称は治兵衛。表千家覚々齋について学び、大成して松尾流を開く。高田太郎庵らに茶を教えて名古屋に茶湯を広めた。宝暦2年(1752)歿、75才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android