コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松尾楽只齋

1件 の用語解説(松尾楽只齋の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松尾楽只齋

江戸中期の茶人。松尾流初代。京都生。千宗旦の高弟松尾宗二の孫。名は重賢・宗二、通称は治兵衛。表千家覚々齋について学び、大成して松尾流を開く。高田太郎庵らに茶を教えて名古屋に茶湯を広めた。宝暦2年(1752)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松尾楽只齋の関連キーワード中尾宗言直齋松尾翫古齋松尾宗二青木如水太田一楽鈴木宗閑住山楊甫(初代)松尾宗二(2)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone