松居 桃楼(読み)マツイ トウル

20世紀日本人名事典の解説

松居 桃楼
マツイ トウル

昭和・平成期の随筆家



生年
明治43(1910)年3月30日

没年
平成6(1994)年9月25日

出生地
東京・日本橋

本名
松居 桃多楼

学歴〔年〕
早稲田大学政経学部中退

経歴
劇作家・松居松翁の三男。中学時代から戯曲を書いて才を発揮。演劇界に入って昭和17年には台湾演劇協会主事を務める。戦後引き揚げ、世界連邦建設同盟で働きながら、25年東京・隅田河畔“蟻の街”のボス小沢求と知り合う。その互助更生組織・の会の設立趣意書を書き、蟻のの一員となる。35年には江東区深川8号埋め立て地に建てられた蟻の街のビルに移住。随筆や戯曲を書きながら、同じくこの街の保母兼書記となった“蟻の街のマリア”こと北原怜子と共に、思想的支えとなった。著書に「蟻の街の奇蹟」「貧乏追放」「蟻の街のマリア」「ゼノ死ぬひまない」「市川左団次」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

松居 桃楼 (まつい とうる)

生年月日:1910年3月30日
昭和時代;平成時代の随筆家
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android