松島 糸寿(読み)マツシマ イトジュ

20世紀日本人名事典「松島 糸寿」の解説

松島 糸寿
マツシマ イトジュ

明治・大正期の箏曲家



生年
天保14年9月1日(1843年)

没年
大正14(1925)年11月11日

出生地
筑前国(福岡県)

経歴
5歳の時に天然痘にかかって失明し、7歳の頃から女検校大塚菊寿に師事して三味線を習う。上達著しく10歳で代稽古を務め、16歳で免許皆伝を授けられた。明治3年33歳で上京し、生田流の看板を掲げるが振るわず帰郷。15年再び上京して久留米出身の生田流箏曲家である山下検校のもとで稽古に励んだ。政治家黒田清隆の知遇を得て弟子を募るも思うようにことが運ばず、救いを求めてキリスト教入信。これが機となってドイツ人宣教師スピンネルや新教神学校音楽教師ボリアンらと知り合い、教会に集う婦人たちに箏曲や三味線を教えることとなった。その一方で松生会を主宰。明治時代における生田流の開拓者、九州系の地歌・箏曲を東京に伝えた先覚者として多くの門弟を育て、その中からは天笠才寿や野坂操寿を輩出した。また、小説家永井荷風の母(漢詩人鷲津毅堂の娘)もその門下である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成「松島 糸寿」の解説

松島 糸寿
マツシマ イトジュ


職業
箏曲家

生年月日
天保14年 9月1日

出生地
筑前国(福岡県)

経歴
5歳の時に天然痘にかかって失明し、7歳の頃から女検校大塚菊寿に師事して箏や三味線を習う。上達著しく10歳で代稽古を務め、16歳で免許皆伝を授けられた。明治3年33歳で上京し、生田流の看板を掲げるが振るわず帰郷。15年再び上京して久留米出身の生田流箏曲家である山下検校のもとで稽古に励んだ。政治家黒田清隆の知遇を得て弟子を募るも思うようにことが運ばず、救いを求めてキリスト教に入信。これが機となってドイツ人宣教師スピンネルや新教神学校音楽教師ボリアンらと知り合い、教会に集う婦人たちに箏曲や三味線を教えることとなった。その一方で松生会を主宰。明治時代における生田流の開拓者、九州系の地歌・箏曲を東京に伝えた先覚者として多くの門弟を育て、その中からは天笠才寿や野坂操寿を輩出した。また、小説家永井荷風の母(漢詩人鷲津毅堂の娘)もその門下である。

没年月日
大正14年 11月11日 (1925年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android