松平 信子(読み)マツダイラ ノブコ

20世紀日本人名事典「松平 信子」の解説

松平 信子
マツダイラ ノブコ

大正・昭和期の女官 常磐会会長;元・東宮職参与。 秩父宮雍仁親王妃殿下の母。



生年
明治19(1886)年7月

没年
昭和44(1969)年5月8日

主な受賞名〔年〕
勲三等宝冠章〔昭和39年〕

経歴
旧佐賀藩主・鍋島直大の四女。母は公卿広橋胤保の五女栄子。元参院議長・宮内相の松平恒雄と結婚。明治末から貞明皇后御用掛として14年間仕え、昭和10〜34年東宮職参与を務めた。ほかに常磐会(女子学習院高等部までの同窓会)会長、日英協会副会長、東洋婦人会会長など歴任。3年には長女勢津子が秩父宮雍仁親王妃となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android