コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平信庸(1) まつだいら のぶつね

1件 の用語解説(松平信庸(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平信庸(1) まつだいら-のぶつね

1666-1717 江戸時代前期-中期の大名。
寛文6年6月1日生まれ。松平典信(すけのぶ)の3男。兄信利(のぶとし)の跡をつぎ,延宝(えんぽう)5年丹波篠山(ささやま)藩(兵庫県)藩主松平(形原(かたのはら))家4代となる。元禄(げんろく)10年から17年間京都所司代をつとめ,正徳(しょうとく)4年老中。儒者松崎蘭谷(らんこく),和算家万尾時春(まお-ときはる)をまねき藩学の興隆につとめた。享保(きょうほう)2年5月10日死去。52歳。初名は政信(まさのぶ),のち信慈(のぶしげ)。通称は九十郎。紀伊守(きいのかみ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平信庸(1)の関連キーワード火災保険大老パティニョ町奉行備後国宇和島城深良用水荻生徂徠御伽婢子訓蒙図彙

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone