松平信庸(1)(読み)まつだいら のぶつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平信庸(1) まつだいら-のぶつね

1666-1717 江戸時代前期-中期の大名。
寛文6年6月1日生まれ。松平典信(すけのぶ)の3男。兄信利(のぶとし)の跡をつぎ,延宝(えんぽう)5年丹波篠山(ささやま)(兵庫県)藩主松平(形原(かたのはら))家4代となる。元禄(げんろく)10年から17年間京都所司代をつとめ,正徳(しょうとく)4年老中。儒者松崎蘭谷(らんこく),和算家万尾時春(まお-ときはる)をまねき藩学の興隆につとめた。享保(きょうほう)2年5月10日死去。52歳。初名は政信(まさのぶ),のち信慈(のぶしげ)。通称は九十郎。紀伊守(きいのかみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android