コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平信敏(1) まつだいら のぶとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平信敏(1) まつだいら-のぶとし

1851-1887 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)4年5月23日生まれ。信濃(しなの)(長野県)高遠藩主内藤頼寧(よりやす)の4男。松平信書(のぶふみ)の養子となり,元治(げんじ)元年駿河(するが)(静岡県)小島(おじま)藩主松平(滝脇(たきわき))家11代。徳川家達(いえさと)の府中(駿府(すんぷ))藩の成立にともない,慶応4年上総(かずさ)(千葉県)に転封(てんぽう)となり金ケ崎に仮陣屋をおく。明治2年陣屋を桜井にうつし桜井藩と改称。同年滝脇に改姓。17年子爵。明治20年8月10日死去。37歳。通称は保吉,助十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平信敏(1)の関連キーワード自然主義(文芸)ミシン蓄音機モーパッサン日本科学史(年表)東京芸術大学120周年国民之友雑誌ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android