コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平康英(2) まつだいら やすひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平康英(2) まつだいら-やすひで

1830-1904 幕末-明治時代の大名。
文政13年5月26日生まれ。松井康済の長男。松平康泰(やすひろ)の養子。外国奉行兼神奈川奉行となり,文久元年開港延期の交渉副使としてヨーロッパにわたる。元治(げんじ)元年陸奥(むつ)棚倉藩(福島県)藩主松平(松井)家4代となる。寺社奉行をへて,慶応元年老中にすすむ。2年転封(てんぽう)となり,武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)藩主。8万400石。4年松井姓に復した。明治37年7月5日死去。75歳。初名は康直(やすなお)。周防守(すおうのかみ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平康英(2)の関連キーワード日露戦争史(年表)奴隷制廃止運動日露戦争ロシア革命民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)アメリカ美術

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android