松平忠利(1)(読み)まつだいら ただとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠利(1) まつだいら-ただとし

1582-1632 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)10年1月16日生まれ。松平家忠(いえただ)の長男。父の戦死のあと,慶長5年下総(しもうさ)小見川(おみがわ)城主となる。三河(愛知県)深溝(ふこうず)藩をへて,17年三河吉田藩主松平(深溝)家初代。3万石。連歌をよくし,「寿松院殿忠利公御連歌懐紙」がある。寛永9年6月5日死去。51歳。初名は忠俊。通称は又八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android