コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠利(2) まつだいら ただとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠利(2) まつだいら-ただとし

1582-1649 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)10年生まれ。松平重忠(しげただ)の次男。三木(みつぎ)松平氏。徳川秀忠につかえ,慶長12年京都伏見城をあずけられたが,14年改易(かいえき)される。大坂夏の陣の功で,寛永9年ふたたび召しかかえられ,のち大番(おおばん)をつとめた。慶安2年1月15日死去。68歳。通称は九郎右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平忠利(2)の関連キーワード安土桃山時代(年表)チャールズ木下長嘯子ビジャヤナガル王国チャールズサベジチャールズ1世ウィンスロップクロムウェル(Oliver Cromwell)サルマシウス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android