松平忠利(2)(読み)まつだいら ただとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠利(2) まつだいら-ただとし

1582-1649 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)10年生まれ。松平重忠(しげただ)の次男三木(みつぎ)松平氏。徳川秀忠につかえ,慶長12年京都伏見城をあずけられたが,14年改易(かいえき)される。大坂夏の陣の功で,寛永9年ふたたび召しかかえられ,のち大番(おおばん)をつとめた。慶安2年1月15日死去。68歳。通称は九郎右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android