コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠国(1) まつだいら ただくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠国(1) まつだいら-ただくに

1597-1659 江戸時代前期の大名。
慶長2年8月17日生まれ。松平信吉(のぶよし)の長男。大坂夏の陣で父とともに出陣して功があった。元和(げんな)6年丹波篠山(ささやま)藩(兵庫県)藩主となる。慶安2年転封(てんぽう)で播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)藩主松平(藤井)家初代。7万石。城下を整備し,新田を開発。和歌をよくした。万治(まんじ)2年2月20日死去。63歳。初名は忠勝。通称は勘四郎。法名は道覚。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平忠国(1)の関連キーワード浅井了意ホイヘンス浅井了意天文学史(年表)ダベンポート徐光啓クーケバッケルフィゲイレド足利義昭葛西晴信