松平清直

美術人名辞典の解説

松平清直

江戸前期の武将。長沢流松平家当主。三河生。松平近清の子。幼名子聖、庄右衛門と称した。出羽守。はじめ松平源七郎康直、のち徳川家康の七男松千代・上総介忠輝に仕え、家老となる。三河国宝飯郡形原に五千石を賜る。慶安四年(一六五一)歿、六八才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android