コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平近貞(2) まつだいら ちかさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平近貞(2) まつだいら-ちかさだ

1733-1785 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)18年9月16日生まれ。松平近明(ちかあきら)の3男。兄近輝(ちかてる)の養子となり,宝暦7年出雲(いずも)(島根県)広瀬藩主松平(越前(えちぜん))家6代。天明5年9月7日死去。53歳。初名は近峰。通称は大蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平近貞(2)の関連キーワードポーランド史天野信景アウグスト[2世]塩尻宮薗節三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長