松旭斎 天一(1代目)(読み)ショウキョクサイ テンイチ

20世紀日本人名事典の解説

松旭斎 天一(1代目)
ショウキョクサイ テンイチ

明治期の奇術師



生年
嘉永6年(1853年)

没年
明治45(1912)年6月14日

出生地
越前国福井(福井県)

本名
牧野 八之助

別名
後名=立川 松明,服部 松旭

経歴
7歳のときに孤児になり、8歳で仏門に入る。そこで密教の剣渡り、火渡りの術に興味をもつ。宗教の奇跡を自作自演して破門。放浪生活の後、奇術師になるべく長崎へ行き、明治11年米国人ジョネスから西洋奇術を修得、松旭斎天一を名のる。ジョネスの勧めにより米国へ渡航。16年帰朝。21年3月東京浅草の文楽座において水芸、大砲芸など大仕掛けな舞台を上演し名声を得る。22年赤十字社総会の席上皇后陛下台覧、また天覧の光栄に沿した。34年から4年間欧米巡行、好評を博した。44年1月引退。大道芸を近代的な舞台奇術に発展させた。のちに〈魔術の女王〉といわれた松旭斎天勝はその弟子。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android