コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本幸四郎(八代) まつもと こうしろう

美術人名辞典の解説

松本幸四郎(八代)

歌舞伎俳優。東京生。七代の次男。本名は藤間順次郎、俳名は錦升、屋号は高麗屋。のち初代白鸚を名のる。義父初代中村吉右衛門のもとで修行し、勘三郎や歌右衛門と共に活躍した。一方、福田恒存作「明智光秀」で文学座客演文楽と提携して「日向島」を上演するなど意欲的に新しい試みに挑戦し、その演技は各方面から高い評価を得た。昭和57年(1982)歿、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

松本幸四郎(八代)の関連キーワード古畑任三郎スペシャル/すべて閣下の仕業市川団十郎(11世)中村吉右衛門(2代)藤間勘右衛門(2代)藤間勘右衛門(3代)中島勘左衛門(6代)松本幸四郎(6代)松本幸四郎(9代)松本幸四郎(5世)市川団十郎(4世)松本幸四郎(9世)市川団十郎(5世)天才柳沢教授の生活鎌倉平九郎(2代)千葉県香取市小見川ラ・マンチャの男王様のレストラン明日を抱きしめて清水正七(初代)十三人の刺客

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android