松本 治一郎(読み)マツモト ジイチロウ

20世紀日本人名事典の解説

松本 治一郎
マツモト ジイチロウ

大正・昭和期の部落解放運動家,政治家 部落解放同盟初代委員長;参院副議長。



生年
明治20(1887)年6月18日

没年
昭和41(1966)年11月22日

出生地
福岡県筑紫郡豊平村金平(現・福岡市)

別名
幼名=次一郎

学歴〔年〕
住吉高小〔明治33年〕卒,錦城中中退

経歴
明治44年土建業松本組を設立。部落差別撤廃運動を始め、大正11年筑前叫革団を結成。12年九州水平社委員長から、15年以降全国水平社中央委員会議長。その間、“徳川家達暗殺未遂事件”“福岡連隊爆破陰謀事件”などで投獄される。昭和11年以来、衆院選に3選。戦後21年部落解放全国委員会が結成され、中央執行委員長。22年社会党から参院に当選。初代参院副議長に選ばれたが、23年天皇への単独接見を拒否し、公職追放となる。26年解除後、政界に復帰し、28年から参院選に3選。また30年部落解放全国委員会が部落解放同盟と改称して初代執行委員長。同年社会党内に平和同志会をつくった。ほかに、日中友好協会会長を務めたり、アジア・アフリカ会議に日本代表とした参加。“部落解放の父”と呼ばれる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

松本 治一郎
マツモト ジイチロウ


肩書
参院副議長,部落解放同盟初代委員長

別名
幼名=次一郎

生年月日
明治20年6月18日

出生地
福岡県筑紫郡豊平村金平(現・福岡市)

学歴
住吉高小〔明治33年〕卒 錦城中中退

経歴
明治44年土建業松本組を設立。部落差別撤廃運動を始め、大正11年筑前叫革団を結成。12年九州水平社委員長から、15年以降全国水平社中央委員会議長。その間、“徳川家達暗殺未遂事件”“福岡連隊爆破陰謀事件”などで投獄される。昭和11年以来、衆院選に3選。戦後21年部落解放全国委員会が結成され、中央執行委員長。22年社会党から参院に当選。初代参院副議長に選ばれたが、23年天皇への単独接見を拒否し、公職追放となる。26年解除後、政界に復帰し、28年から参院選に3選。また30年部落解放全国委員会が部落解放同盟と改称して初代執行委員長。同年社会党内に平和同志会をつくった。ほかに、日中友好協会会長を務めたり、アジア・アフリカ会議に日本代表とした参加。“部落解放の父”と呼ばれる。

没年月日
昭和41年11月22日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

松本 治一郎 (まつもと じいちろう)

生年月日:1887年6月18日
大正時代;昭和時代の社会運動家;政治家。部落解放同盟初代委員長;参院副議長
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松本 治一郎の関連情報