松村 文次郎(読み)マツムラ ブンジロウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

松村 文次郎
マツムラ ブンジロウ


肩書
衆院議員(弥生倶楽部)

生年月日
天保10年3月2日(1839年)

出生地
越後国刈羽郡柏崎村(新潟県柏崎市)

経歴
越後柏崎の豪族で、維新には官軍に宿舎を提供。明治6年柏崎小学校、柏崎洋学校創立に参画。12年新潟県会議員に当選し、初代議長。自由民権を唱え、鈴木昌司らと北越自由党を結成、加波山事件で河野広中、大阪事件で大井憲太郎を裏から支援した。23年第1回以来衆院議員当選2回、弥生倶楽部に属した。愛硯家として知られ、同好者の犬養毅と親交があった。

没年月日
明治42年9月23日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android