松村 雄之進(読み)マツムラ ユウノシン

20世紀日本人名事典の解説

松村 雄之進
マツムラ ユウノシン

明治・大正期の政治活動家 衆院議員(無所属)。



生年
嘉永5年2月21日(1852年)

没年
大正10(1921)年2月22日

出生地
筑後国久留米(福岡県久留米市)

別名
号=鉄肝

経歴
若くして国事に奔走、明治4年長州奇兵隊の大楽源太郎が脱走して久留米に逃げ込み、久留米藩主が政府に疑われたため大楽を暗殺、政治犯として入獄。11年出獄。13年藩士150戸を率いて福島県に移住、水用を開拓した。15年立憲帝政党結成に参加、次いで大阪府警部となったが半年で辞任し神戸で茶の輸出商となった。28年日清戦争に従軍、戦後台湾新竹支庁長となり、「台湾制度考」を編纂、次いで29年雲林支庁長、30年北海道宗谷支庁長などを歴任。35年久留米から衆院議員に当選したが、以後出馬せず院外団の活動家として活躍した。大正2年対支連合会に加盟して満蒙問題に尽力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

松村 雄之進
マツムラ ユウノシン


肩書
衆院議員(無所属)

別名
号=鉄肝

生年月日
嘉永5年2月(1852年)

出生地
筑前国久留米(福岡県)

経歴
若くして国事に奔走、明治4年長州奇兵隊の大楽源太郎が脱走して久留米に逃げ込み、藩主が政府に疑われたため大楽を暗殺、政治犯として入獄。11年出獄。13年藩士150戸を率いて福島県に移住、水用を開拓した。その後立憲帝政党結成、次いで大阪府警部となったが半年で辞任し神戸で茶の輸出商となった。28年日清戦争に従軍、戦後台湾新竹支庁長となり、「台湾制度考」を編纂、次いで29年雲林支庁長、30年北海道宗谷支庁長を歴任。35年久留米から衆院議員に当選。その後、大正2年対支連合会に加盟して満蒙問題に尽力した。

没年月日
大正10年2月22日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

松村 雄之進 (まつむら ゆうのしん)

生年月日:1852年2月21日
明治時代;大正時代の政治家。衆議院議員;北海道宗谷支庁長
1921年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android