コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村巨湫

美術人名辞典の解説

松村巨湫

俳人。名光三、別号独存居。会社員・美術雑誌記者等を経て著述生活に入る。俳句は少年時代に伯父初雪庵一隣や中丸春峰らの指導を受けたが、後臼田亜浪に師事して「石楠」の創立に参加。後亜浪の死まで続き同誌の最高幹部同人となる。作風は清麗・透明な独得の抒情に富み、古格に拠った時代もあったが晩年は国語体に移り「格はいく」を唱えた。『古径』『十六夜』等の句集の外著書も多い。昭和39年(1964)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

松村巨湫の関連キーワード俳人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android