コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松枝不入

1件 の用語解説(松枝不入の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松枝不入

江戸後期の漆工。尾張生。一声庵・無塵庵と号す。松平不昧の知遇を受けたが、生涯一度も松江には赴かなかったため、「松江に入らず」の意で不入の号を与えられた。乾漆や象嵌を用いた風雅な作品が多い。晩年は鴨長明の境を慕って京都神楽岡に隠棲、神楽岡不入と呼ばれた。生歿年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松枝不入の関連キーワード秦鼎勾田台嶺奥田桐園音丸耕堂早斯尹丹羽盤桓子多賀谷向陵長谷川鶴洲落合縫殿助正永道意(3)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone