松枝不入

美術人名辞典の解説

松枝不入

江戸後期の漆工尾張生。一声庵・無塵庵と号す。松平不昧の知遇を受けたが、生涯一度も松江には赴かなかったため、「松江に入らず」の意で不入の号を与えられた。乾漆象嵌を用いた風雅な作品が多い。晩年は鴨長明の境を慕って京都神楽岡に隠棲、神楽岡不入と呼ばれた。生歿年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android