コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松江市のDV被害者支援と仮名の国民健康保険証

1件 の用語解説(松江市のDV被害者支援と仮名の国民健康保険証の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

松江市のDV被害者支援と仮名の国民健康保険証

06年10月に作成した松江市の「DV被害者支援対応マニュアル」は、被害者が加害者の被扶養者などの場合、医療費の通知などで加害者に住所を知られないよう(1)裁判所保護命令の通知の写し(2)県女性相談センター一時保護の証明(3)同センターが発行する相談の証明(4)母子生活支援施設の施設長の在所証明――のいずれかがあれば、住民票がなくても国民健康保険証を居住地で交付できると定め、さらに仮名での申請も認めた。一方、厚生労働省国民健康保険課の担当者は「保険証は本人確認にも使われるので、本名が望ましい。DV被害者に仮名で出しているケースは初めて聞いた。松江市に事実関係を確認したい」と話した。国民健康保険法は保険証に仮名を記載することを想定していないという。

(2009-02-16 朝日新聞 朝刊 島根 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松江市のDV被害者支援と仮名の国民健康保険証の関連キーワード松江市松江城美保関からさで祭袖師浦DV法DV防止法松江市歴史資料館石倉俊寛三島左次右衛門

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone