コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦鎮信(2) まつら しげのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦鎮信(2) まつら-しげのぶ

1622-1703 江戸時代前期の大名。
元和(げんな)8年3月13日生まれ。松浦隆信(たかのぶ)(宗陽)の長男。寛永14年肥前平戸藩(長崎県)藩主松浦家4代となる。平戸の外国貿易が禁止され,新田開発,俸禄制の導入などで財政の強化をはかった。茶を片桐石州にまなび,石州流鎮信派をたてる。元禄(げんろく)16年10月6日死去。82歳。初名重信。通称は源三郎。号は天祥。肥前守(ひぜんのかみ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松浦鎮信(2)の関連キーワード元和

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android