松野 クララ(読み)マツノ クララ

20世紀日本人名事典の解説

松野 クララ
マツノ クララ

明治期の幼児教育家



生年
嘉永6年8月2日(1853年)

没年
昭和16(1941)年

出生地
ベルリン

旧姓(旧名)
チーデルマン クララ〈Ziedermann Klara〉

学歴〔年〕
ドイツの保母学校卒

経歴
ベルリン留学中の農商務省官吏松野礀と知り合い来日。明治9年結婚。同年東京女子師範附属幼稚園主席保母となり、日本人保母を指導。11年新設の同校保母練習科で保育法を教授した。19年華族女学校音楽教師となり、36年退職。41年夫の没後帰国した。「恩物」の使用法などフレーベルの保育学を導入、日本の幼稚園教育に貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

松野 クララ (まつの くらら)

生年月日:1853年8月2日
明治時代の幼児教育家。女子師範附属幼稚園主席保母
1941年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android