コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松雲

美術人名辞典の解説

松雲

臨済宗の僧。大徳寺四百八十六世。石川県生。法諱は玄芳、道号は宗般、松雲は室号。金沢高厳寺で出家。山城円福寺の伽山全楞(大徳寺四百八十二世)に参禅中原南天棒印可を受ける。熊本見性寺・円福寺に住んだのち大徳寺派管長となる。書・和歌を能くし、歌集『毒華集』がある。市井に「布袋さん」の愛称を持つ。大正11年(1922)寂、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

松雲の関連キーワード広島県三次市布野町上布野徳田 八十吉(1代目)七宝(工芸)東寺百合文書神田兵右衛門尊経閣文庫藤岡作太郎寿窓元貞尼姫島 竹外栗山潜鋒塩田三郎梅峰竺信姫島竹外寿窓元貞幹山伝七高泉性潡御伽婢子浅井了意木村徳応早瀬蘭川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松雲の関連情報