板倉 勝正(読み)イタクラ カツマサ

20世紀日本人名事典の解説

板倉 勝正
イタクラ カツマサ

昭和・平成期の古代オリエント史研究者 中央大学名誉教授。



生年
大正4(1915)年1月22日

没年
平成4(1992)年6月23日

出生地
東京都台東区

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部西洋史学科〔昭和12年〕卒,東京帝国大学大学院〔昭和17年〕修了

経歴
昭和15年日本医大予科教授、24年北海道大学助教授、33年中央大学助教授を歴任。60年名誉教授となる。古代オリエント史を幅広く研究し、三笠宮崇仁親王とともに日本オリエント学会創立に参加、理事、常務理事を歴任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

板倉 勝正 (いたくら かつまさ)

生年月日:1915年1月22日
昭和時代;平成時代の古代オリエント史学者
1992年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android