コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板取[村] いたどり

1件 の用語解説(板取[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いたどり【板取[村]】

岐阜県中央部,武儀郡の村。人口2003(1995)。長良川支流の板取川最上流域の山村。福井県に接し,北部の平家岳(1442m)を主峰とする山脈が日本海太平洋の分水界をなす。板取川が村の中央を深い浸食谷を刻んで南流し,集落と耕地は河川両岸のわずかな低地に点在する。村域の大部分が山林,原野で占められ,林業を主産業とする。人口減少が著しく過疎化が進むが,板取川の最上流は紫八丁(板取峡)の秘境で,自然休養村の指定を受け,観光開発が進められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

板取[村]の関連キーワードHomeStyle+科学技術インターナビ・プレミアムクラブ産業再生法ショーン ペンWAX松田龍平スカイハイ冷夏ムン ソリ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone