板谷 宮吉(読み)イタヤ ミヤキチ

20世紀日本人名事典の解説

板谷 宮吉
イタヤ ミヤキチ

明治・大正期の実業家 樺太銀行頭取。



生年
安政4年5月(1857年)

没年
大正13(1924)年5月13日

出生地
越後国(新潟県)

出身地
北海道

経歴
越後に生まれ、明治3年北海道に渡る。小樽で海運に従事して成功し、北海道沿岸の定期航路を開設。32年板谷合名(のちの板谷商船)を設立、倉庫・醸造鉱業・農業・漁業などの諸業を営み事業の地盤を築き、44年日本‐ハワイ間の定期航路を開く。樺太銀行を創立し頭取を務めた。また小樽商業会議所議員、小樽区議、その他の要職につき貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android