枉惑・抂惑・誑惑(読み)おうわく

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐わく ワウ‥【枉惑・抂惑・誑惑】

〘名〙 (形動)
① (━する) 道に外れた事をして人を惑わすこと。また、そのさま。
往生要集(984‐985)大文一「若人労而得小物。誑惑取用之者。受此報」 〔法華経‐勧持品〕
② ずうずうしく、ずるいこと。また、そのさま。横着。
※日葡辞書(1603‐04)「Vǒuacunna(ワウワクナ)、または、ワウチャクナ〈訳〉道理に外れたことや、ごまかし、でたらめをする傲慢で横柄なこと」
[語誌]「誑」はキャウで本来ワウの音はないが、広くワウワクと読みならされていたものと思われる。「観智院本名義抄」では「誑」「狂」(同じく「いつわる」意)ともに和音ワウとある。おそらく意味と音が一部重なりあう「誑」「抂」「枉」「狂」「」等が混同を起こし、早くからワウとして定着したと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android