コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林丘寺宮元瑶尼

美術人名辞典の解説

林丘寺宮元瑶尼

後水尾天皇皇女。通称は緋宮、諱を光子。東福門院源和子の養女となり、五歳で内親王宣下を受ける。黄檗の竜渓性潜により菩薩戒を受戒する。黄檗隠元が「大光普照国師」の号を受けたのは元瑶尼の周旋になるという。47才の時出家、黄檗高泉より道号照山、法諱元瑶の号を受ける。比叡山の麓に林丘寺を建立、黄檗高泉に鍾銘を請うた。享保12年(1727)寂、94才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android