林丘寺宮元瑶尼

美術人名辞典の解説

林丘寺宮元瑶尼

後水尾天皇皇女。通称は緋宮、光子。東福門院源和子の養女となり、五歳で内親王宣下を受ける。黄檗竜渓性潜により菩薩戒を受戒する。黄檗隠元が「大光普照国師」の号を受けたのは元瑶尼周旋になるという。47才の時出家、黄檗高泉より道号照山、法諱元瑶の号を受ける。比叡山に林丘寺を建立、黄檗高泉に鍾銘を請うた。享保12年(1727)寂、94才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android