コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林家正楽(初代) はやしや しょうらく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林家正楽(初代) はやしや-しょうらく

1895-1966 大正-昭和時代の寄席芸人。
明治28年11月18日生まれ。落語家の6代林家正蔵に入門,正福を名のる。隠し芸紙切りが大好評で,大正12年落語から紙切り芸に転向し14年正楽と改名。「紙切り正楽」で知られた。「壺」「さんま火事」などの新作落語もつくった。昭和41年4月15日死去。70歳。長野県出身。本名は一柳金次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

林家正楽(初代)の関連キーワード新藤兼人日清戦争史(年表)日本郵便制度史(年表)[各個指定]芸能部門加藤泰丹下健三野村芳太郎森一生宇宙開発史(年表)深刻小説

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android