コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林家正楽(初代) はやしや しょうらく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林家正楽(初代) はやしや-しょうらく

1895-1966 大正-昭和時代の寄席芸人。
明治28年11月18日生まれ。落語家の6代林家正蔵に入門,正福を名のる。隠し芸の紙切りが大好評で,大正12年落語から紙切り芸に転向し14年正楽と改名。「紙切り正楽」で知られた。「壺」「さんま火事」などの新作落語もつくった。昭和41年4月15日死去。70歳。長野県出身。本名は一柳金次郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林家正楽(初代)の関連キーワード深刻小説日清戦争ビートルズ観念小説文芸倶楽部紙切りラジオ放送ニッサン シルビアCSP311型外国人学校国立劇場

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone