コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林家正蔵(8代) はやしや しょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林家正蔵(8代) はやしや-しょうぞう

1895-1982 大正-昭和時代の落語家。
明治28年5月16日生まれ。2代三遊亭三福(3代円遊)門下。大正8年3代三遊亭円楽となリ,翌年真打。昭和25年8代を襲名。晩年は名跡を7代の実子林家三平の遺族に返上,林家彦六(ひころく)を名のる。得意噺(ばなし)は「火事息子」「怪談牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」など。昭和57年1月29日死去。86歳。東京出身。本名は岡本義。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林家正蔵(8代)の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android