コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林永喜

1件 の用語解説(林永喜の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

林永喜

江戸初期の儒官。京都の人。名は信澄、号を東舟・樗墩、剃髪して永喜と称する。林羅山の弟。藤原惶窩や兄に学ぶ。刑部卿法印に叙せられる。著書に『林永喜仮名遺書』『東武紀年録』等がある。寛永15年(1638)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林永喜の関連キーワード半井古仙織田東民道入菅梅宇合田恒斎竜玉淵林東舟円田子彜山宮雪楼

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone