林田 十郎(読み)ハヤシダ ジュウロウ

20世紀日本人名事典の解説

林田 十郎
ハヤシダ ジュウロウ

昭和期の俳優,漫才師



生年
明治33(1900)年

没年
(没年不詳)

出生地
兵庫県神戸市

本名
吉田 留吉

別名
別名=大和家 楽三郎

経歴
大正4年大阪の大和家小豊楽に入門。大和家楽三郎の芸名で女形として舞台に立つ。15年白粉がもとで鉛毒におかされ、漫才に転向。昭和3年落語家出身の芦の家雁玉と組んで、吉本興業専属となる。やせて顔色が青白かったため“サエラ”(サンマ)と呼ばれた。上方のしゃべくり漫才の名コンビとして活躍。一時コンビを中断するが、22年コンビ復活。同年NHK「上方演芸会」の司会を担当。平成10年上方演芸殿堂入り。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

林田 十郎
ハヤシダ ジュウロウ


職業
俳優 漫才師

本名
吉田 留吉

別名
別名=大和家 楽三郎

生年月日
明治33年

出生地
兵庫県 神戸市

経歴
大正4年大阪の大和家小豊楽に入門。大和家楽三郎の芸名で女形として舞台に立つ。15年白粉がもとで鉛毒におかされ、漫才に転向。昭和3年落語家出身の芦の家雁玉と組んで、吉本興業専属となる。やせて顔色が青白かったため“サエラ”(サンマ)と呼ばれた。上方のしゃべくり漫才の名コンビとして活躍。一時コンビを中断するが、22年コンビ復活。同年NHK「上方演芸会」の司会を担当。平成10年上方演芸殿堂入り。

没年月日
?

伝記
なにわ難波のかやくめし―上方芸能の宝庫「日本橋三丁目」ものがたり 成瀬 国晴 著(発行元 東方出版 ’98発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android