林 頼三郎(読み)ハヤシ ライザブロウ

  • 林 頼三郎 (はやし らいざぶろう)

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の司法官僚 大審院長;貴院議員(勅選);中央大学総長。



生年
明治11(1878)年9月6日

没年
昭和33(1958)年5月7日

出生地
埼玉県行田市

旧姓(旧名)
三輪

学歴〔年〕
東京法学院〔明治29年〕卒

学位〔年〕
法学博士〔大正9年〕

経歴
明治30年司法省に入省。東京地裁部長、大審院検事、大正10年刑事局長、13年司法次官などを経て、昭和7年検事総長、10年大審院長。11年広田弘毅内閣の法相、12年勅選貴族院議員、13年枢密顧問官となり、中央大学総長。戦後22年公職追放、解除後27年再び中大総長となり3選。私立学校振興会長、法制審議会委員を兼任著書に「刑事訴訟法論」「日本陪審法要義」「刑法総論」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説


肩書
貴院議員(勅選),大審院長,中央大学総長

旧名・旧姓
旧姓=三輪

生年月日
明治11年9月6日

出生地
埼玉県行田市

学歴
東京法学院〔明治29年〕卒

学位
法学博士〔大正9年〕

経歴
明治30年司法省に入省。東京地裁部長、大審院検事、大正10年刑事局長、13年司法次官などを経て、昭和7年検事総長、10年大審院長。11年広田弘毅内閣の法相、12年勅選貴族院議員、13年枢密顧問官となり、中央大学総長。戦後22年公職追放、解除後27年再び中大総長となり3選。私立学校振興会長、法制審議会委員を兼任。著書に「刑事訴訟法論」「日本陪審法要義」「刑法総論」などがある。

没年月日
昭和33年5月7日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1878年9月6日
明治時代-昭和時代の司法官;教育者。貴族院議員;私立学校振興会長
1958年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android