コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

果たして・果して はたして

大辞林 第三版の解説

はたして【果たして・果して】

( 副 )
〔漢文訓読に用いられた語〕 予想していたとおりであるさま。思ったとおり。案の定。やはり。 「 -昼過ぎから豪雨になった」 「農家の門を外に出て見ると-見覚えある往来/武蔵野 独歩
(疑問や仮定の表現を伴って)疑いの気持ちや仮定であることを強調する気持ちを表す。ほんとうに。 「 -彼は何者か」 「 -結末はいかに」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

果たして・果しての関連キーワード漢文訓読何者

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android