枳殻・枸橘(読み)からたち

大辞林 第三版の解説

からたち【枳殻・枸橘】

ミカン科の落葉低木。中国原産。多く生け垣にする。高さ2メートルくらいでよく分枝し、緑色で太いとげがある。葉は三小葉から成る複葉。春、白色の五弁花をつけ、秋に径3センチメートルほどの球形の果実を結び黄熟する。花・果実に芳香がある。未熟果は乾燥させて健胃薬とする。キコク。 〔「枸橘の花」は [季] 春〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android