コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柄振り・柄振・朳 えぶり

大辞林 第三版の解説

えぶり【柄振り・柄振・朳】

土塊を砕いてならしたり、穀物の実などをかき集めたりするのに用いる農具。長い柄の先に横板をつけた鍬くわのようなもの。
能楽の小道具の一。竹の先に板をつけたもので、雪かきの具に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

柄振り・柄振・朳の関連キーワード小道具穀物能楽農具横板土塊

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android