コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柏崎刈羽原発の設置許可処分取り消し訴訟

1件 の用語解説(柏崎刈羽原発の設置許可処分取り消し訴訟の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

柏崎刈羽原発の設置許可処分取り消し訴訟

同原発1号機をめぐり、周辺住民らが国を相手取り、原子炉設置許可処分の取り消しを求めて79年に提訴。過酷事故への原発の安全性や、原子炉の立地地盤における断層などが中心に争われた。94年の一審・新潟地裁は「地殻変動により支持地盤の安全性を損なう恐れがないとした安全審査に見過ごしがたい過誤、欠落はない」と判断、訴えを棄却した。住民側は控訴したが、05年の東京高裁は、92年に最高裁が示した「安全審査に見過ごせないミスや欠落があるときは、設置許可処分は違法になる」との枠組みを踏襲し、「安全審査に見過ごせない誤りや欠落はない」として、住民側の控訴を棄却。住民側は上告した。

(2008-05-02 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柏崎刈羽原発の設置許可処分取り消し訴訟の関連キーワード志賀原発2号機志賀原発訴訟東海地震と浜岡原発浜岡原発志賀原発2号機訴訟島根原発川内原発3号機増設計画泉南アスベスト国家賠償請求訴訟泉南の石綿国家賠償訴訟

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone