コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染み付く・染み着く・染付く・染着く しみつく

大辞林 第三版の解説

しみつく【染み付く・染み着く・染付く・染着く】

( 動五[四] )
汚れやにおい(多くは悪いにおい)がしみこんで取れなくなる。 「 醬油をたらした跡が-・いて取れない」 「タバコのにおいが背広に-・いてしまった」
習慣となっていて、なかなかそれが抜けない。 「学生時代に-・いた朝寝坊の癖」 「…という考え方が-・いている」
心に深く入り込む。 「気に-・きし妓よねがこと/浄瑠璃・冥途の飛脚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

染み付く・染み着く・染付く・染着くの関連キーワードにおい

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android