コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柔道の国際化

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

柔道の国際化

日本開催で初採用された64年東京五輪で、日本男子は全4階級でメダル(金3、銀1)を獲得。その後、階級数が増えても4、5個のメダルを手にしてきた。しかし、今夏の北京五輪では男子7階級中メダルは2個(いずれも金)と過去最低の成績となった。北京では男女合わせた14階級の金メダルを9カ国が分けた。この間、日本はルール改定などでも敗れ続けた。97年のカラー柔道着、03年世界選手権から導入された延長戦にいずれも反対だったが、欧州勢力に負けた。

(2008-10-20 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

柔道の国際化の関連キーワードグランドスラム東京

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柔道の国際化の関連情報