柘植与一

美術人名辞典の解説

柘植与一

安土桃山・江戸初期の武将。尾張犬山城主。与八郎、左京亮・大炊助と称する。初め織田信長に仕え、本能寺の変後は豊臣秀吉家臣となる。関ヶ原の戦後、秀頼の使者として大野治長とともに家康を訪れた。茶を千利休に学んだ。慶長14年(1609)歿、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android