柱立・柱建(読み)はしらだて

精選版 日本国語大辞典の解説

はしら‐だて【柱立・柱建】

[1] 〘名〙
① 家屋の建築で、初めて柱を建てること。また、そのときの祝賀の儀式
※続古今(1265)神祇・六九六・詞書「内宮の御はしらたてにあたりて侍りければよめる」
② 三河万歳の唄の文句「一本の柱は金剛界、二本の柱は胎蔵界、〈略〉、十本の柱は不動の力柱と立てられける」云々から転じて、長々と口上を述べること。
雑俳柳多留‐二二(1788)「宿引は万歳ほどのはしらだて」
[2]
[一] 歌舞伎所作事。長唄。二世中村清三郎作詞。杵屋新右衛門作曲。藤間勘右衛門振付。本名題「風流妹背の柱建」。宝暦四年(一七五四)江戸市村座初演。飛騨の工が、玉よの姫とともに、柱建の儀式の様を物語る踊り。
[二] 歌沢。芝派。新築の家で立柱の儀式のときに歌う木遣歌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android