コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳原 前光 ヤナギワラ サキミツ

1件 の用語解説(柳原 前光の意味・用語解説を検索)

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

柳原 前光
ヤナギワラ サキミツ


肩書
元老院議長,枢密顧問官,貴院議員(伯爵)

別名
幼名=次良麿

生年月日
嘉永3年3月23日(1850年)

出生地
京都

経歴
明治元年戊辰戦争の時に東海道鎮撫(先鋒)副総督として江戸城開城に尽力。維新後、外務省に入り、外務大丞として明治3年日清修好条規予備交渉のため清国に派遣。翌年条約締結の際副使として渡清、天津において李鴻章と会見し修好条約を締結。その後も駐清公使として副島種臣大久保利通の対清交渉に随行した。元老院議官となり刑法・治罪法審議に従事。のち駐露大使、賞勲局総裁、元老院議長、枢密顧問官(23〜24年)、宮中顧問等を歴任。皇室典範の制定にも参与。17年伯爵に叙せられ、貴院議員となる。

没年月日
明治27年9月2日

家族
父=柳原 光愛(公卿・権大納言) 妹=柳原 愛子(大正天皇生母) 次女=柳原 白蓮(歌人)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)
新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳原 前光の関連情報