コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳原 愛子 ヤナギワラ ナルコ

20世紀日本人名事典の解説

柳原 愛子
ヤナギワラ ナルコ

明治・大正期の女官 大正天皇生母;皇太后宮典侍。



生年
安政2年4月16日(1855年)

没年
昭和18(1943)年10月16日

出生地
京都

別名
通称=柳原二位局(ヤナギワラニイノツボネ)

経歴
明治維新の功臣、柳原光愛の二女で、明治3年から英照皇太后宮小女﨟として大宮御所に出仕、明治天皇に見染められて宮仕えを始め、源氏名を早蕨典侍(さわらびのすけ)と呼ばれた。6年権典侍となり、8年に薫子内親王、10年に敬仁親王を生んだが、ともに早く亡くなり、成長したのは12年に誕生した嘉仁親王(大正天皇)のみ。35年には女官として最高位の典侍に進み、大正元年皇太后宮典侍となる。また4年に従二位に叙されたあとは、二位局と称され、晩年は信濃町に住んで準皇族の扱いを受けていた。和歌に優れ、宮中歌会始めで3回選歌の栄に浴している。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

柳原 愛子 (やなぎわら なるこ)

生年月日:1855年4月16日
大正天皇生母;皇太后宮典侍
1943年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

柳原 愛子の関連キーワード柳原 前光柳原常子中山忠能生年月日入江相政柳原白蓮柳原前光

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android