コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳原 愛子 ヤナギワラ ナルコ

1件 の用語解説(柳原 愛子の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

柳原 愛子
ヤナギワラ ナルコ

明治・大正期の女官 大正天皇生母;皇太后宮典侍。



生年
安政2年4月16日(1855年)

没年
昭和18(1943)年10月16日

出生地
京都

別名
通称=柳原二位局(ヤナギワラニイノツボネ)

経歴
明治維新の功臣、柳原光愛の二女で、明治3年から英照皇太后宮小女﨟として大宮御所に出仕、明治天皇に見染められて宮仕えを始め、源氏名を早蕨典侍(さわらびのすけ)と呼ばれた。6年権典侍となり、8年に薫子内親王、10年に敬仁親王を生んだが、ともに早く亡くなり、成長したのは12年に誕生した嘉仁親王(大正天皇)のみ。35年には女官として最高位の典侍に進み、大正元年皇太后宮典侍となる。また4年に従二位に叙されたあとは、二位局と称され、晩年は信濃町に住んで準皇族の扱いを受けていた。和歌に優れ、宮中歌会始めで3回選歌の栄に浴している。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳原 愛子の関連情報