柳家 つば女(6代目)(読み)ヤナギヤ ツバメ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

柳家 つば女(6代目)
ヤナギヤ ツバメ


職業
落語家

本名
渡辺 虎彦(ワタナベ トラヒコ)

別名
前名=柳家 小助,柳家 小きん

生年月日
昭和13年 8月26日

出生地
山梨県 南都留郡河口湖町

学歴
武蔵野美術大学〔昭和33年〕中退

経歴
昭和33年5代目柳家小さんに入門、柳家小助を名乗る。38年小きんで二ツ目。48年真打ちに昇進。55年6代目つば女を襲名。「三枚起請」「居残り佐平次」などを十八番とした。

没年月日
平成16年 6月12日 (2004年)

家族
長男=柳家 小きん(落語家)

伝記
寄席界隈艶噺 三遊亭 円右 著(発行元 三樹書房 ’86発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android