柳家 三亀松(2代目)(読み)ヤナギヤ ミキマツ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

柳家 三亀松(2代目)
ヤナギヤ ミキマツ


肩書
寄席音曲師

本名
町田 武(マチダ タケシ)

別名
前名=柳家 亀松(ヤナギヤ カメマツ)

生年月日
大正11年 2月22日

出身地
東京

経歴
父は中国奇術の趙相元。7歳頃から父とともに高座に出る。昭和29年初代三亀松門下で亀松を名乗る。55年2代目を襲名。都々逸や曲弾き、浮世節たぬきなどのネタで活躍。

没年月日
平成10年 8月19日 (1998年)

家族
長男=柳家 亀太郎(音曲師),父=趙 相元(中国奇術師)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android