コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川の掘割

1件 の用語解説(柳川の掘割の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

柳川の掘割

市内を網の目のようにめぐる水路の総延長は930キロ。市中心部の城堀は約400年前、旧柳川藩主の田中吉政らが城の防御、生活、農業用水などのために作ったとされる。水は戦後まで、沸かしてお茶を入れるなど飲用にもされていた。水利用には厳格なルールがあり、日中は城堀に水をため、夜間のみ下流の田畑に取水できるなどの慣例があったという。

(2008-02-11 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳川の掘割の関連キーワード鉄条網蛇の目網の目交通網さし組織網鉄道網網の目から手等落差則(水路の)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone