柳 つる(読み)ヤナギ ツル

  • 柳 つる (やなぎ つる)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の社会運動家



生年
明治36(1903)年9月6日

没年
平成2(1990)年2月24日

出生地
京都市中京区

学歴〔年〕
京都府立第二高女〔大正8年〕中退

経歴
看護婦、助産婦の資格を取って、東京新宿の二葉保育園旭町分園の保母となり、貧民街の子供たちの養育にあたる。関東大震災後、労働運動に入り、大正14年大阪に行き東洋紡三軒家工場の舎監となるが、15年の争議退職。昭和2年上京して関東婦人同盟執行委員となり、共産党の非合法活動に参加。戦時中は東京の富士電炉(現・オリジン電機)事務員となり、戦後21年社内に労働組合を結成、執行委員。また共産党の活動にも参加。定年後は長野県佐久市で平和運動に従事した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1903年9月6日
大正時代;昭和時代の社会運動家
1990年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android