柿原 繁蔵(読み)カキハラ シゲゾウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

柿原 繁蔵
カキハラ シゲゾウ


職業
能楽囃子方(高安流大鼓方)

専門
大鼓

生年月日
明治44年 3月15日

出生地
福岡県 瀬高町

経歴
工業学校の夜学に通いながら約20年間三井化学で分析技師の仕事をする。一方、昭和14年から高安流の大鼓を学び始め、18年初舞台。戦後、熊本の宮原康寿、東京の安福春雄に師事して修業を積み、29年玄人の域に達した。50年日本能楽会会員。九州での能楽の普及・発展に貢献した。

所属団体
日本能楽会

受賞
催花賞(第3回)〔平成2年〕,芸能功労者表彰(平7年度)〔平成8年〕

没年月日
平成15年 1月29日 (2003年)

家族
長男=柿原 崇志(能楽大鼓方)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android