コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿木[村] かきのき

世界大百科事典 第2版の解説

かきのき【柿木[村]】

島根県南西部,鹿足(かのあし)郡の町。人口1940(1995)。高津川の上流域を占め,西は山口県に接する中国山地の山村。藩政時代には津和野城下と安芸国の廿日市を結ぶ参勤交代路にあり,宿場町として栄えた。山林が広く,林業が盛んで,シイタケ,ワサビ,栗を産する。高津川ではアユ漁が行われ,ヤマメやアマゴの養殖を行う種苗センターがある。福川には文禄・慶長の役に連れ帰った朝鮮の陶工季郎子の窯跡と墓がある。高津川沿いに国道187号線が通じる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android