コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿本人麻呂・柿本人丸 かきのもとのひとまろ

大辞林 第三版の解説

かきのもとのひとまろ【柿本人麻呂・柿本人丸】

天武・持統・文武朝の歌人。日並皇子ひなみしのみこ・高市皇子たけちのみこの大舎人おおとねりといわれる。万葉集の代表的な歌人。長歌、特に挽歌に優れ、枕詞・序詞などの和歌技巧を駆使した荘重雄大な歌風によって、後世歌聖としてたたえられた。生没年未詳。 〔名は「人丸」とも書き、「ひとまる」とも読む〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

柿本人麻呂・柿本人丸の関連キーワード人丸

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android