柿本人麻呂・柿本人丸(読み)かきのもとのひとまろ

大辞林 第三版の解説

かきのもとのひとまろ【柿本人麻呂・柿本人丸】

天武・持統・文武朝の歌人。日並皇子ひなみしのみこ・高市皇子たけちのみこの大舎人おおとねりといわれる。万葉集の代表的な歌人。長歌、特に挽歌に優れ、枕詞・序詞などの和歌技巧を駆使した荘重雄大な歌風によって、後世歌聖としてたたえられた。生没年未詳。 〔名は「人丸」とも書き、「ひとまる」とも読む〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android